AGAの治療にかかる費用は、どうして保険適用外なの?

AGAは生命や健康の維持に直接かかわる病気ではないという厚労省の判断により、治療にかかる費用は保険適用外となっています。

AGAにかかる費用情報支援

AGAの治療にかかる費用は、どうして保険適用外なの?

今、日本国内には多くのAGAの患者さんやその予備軍がいると言われています。

日常的なストレスも増えている上に、整髪剤の使用やこまめなシャンプーなどによって、髪に対する環境は以前より悪化してきており、それに伴ってAGAの方も増えてきているからです。

少し前にCMを盛んに放映していたことで多くの方に頻繁に目に触れるようになり、一気に認知度の広がったAGAですが、今でも治療は、保険適用外となっています。

多くの方に治療を勧めているCMを見ると、病院に行って治療できるのだから健康保険は使えると思ってしまいがちですよね。

ではなぜ、AGAの治療にかかる費用は、保険適用外となっているのでしょうか。

端的に言えば、AGAは、厚生労働省の定める医療保険の適応を受ける病気に含まれていないからです。

そのため、AGAの治療費用に保険証は意味を持ちません。

では、なぜ厚生労働省はAGAの治療にかかる費用を医療保険の適応を受けるようにしないのでしょうか。

それは、AGAは病気ではあるものの、直接的に生命や健康の維持影響を与えないからです。

現在、厚生労働省が定める医療保険の適応を受ける病気は、直接的に生命や健康の維持に影響を与える病気に限られています。

発熱なども、直接的に健康維持に影響を与えていますよね。

ですから、医療保険の適応を受ける病気となるのです。

しかしAGAによって身体的に直接の健康被害を受けたり、生命の維持活動に関してダメージが与えられたりすることはありません。

今後も、AGAの治療費用は保険適用外となることが続くことが予想されます。

AGAの治療を考えている方はまずどれくらい病院にかかるのか、どれくらい費用がかかるのか、治療の流れ・費用(治療費)の詳細をきちんと確認しておきましょう。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) AGAにかかる費用情報支援 All Rights Reserved.